中文 | English | Français | Deutsch | BR America
  • descriptiondescription
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済
  • 百貨店業
    百貨店業モデル転換の道はどこに?
    27年の歴史を持つ北辰購物中心の亜運村店が正式に閉店することを発表した。北京では、昨年そごう(荘勝崇光百貨)が「テナント撤退ドミノ」に遭い、パークソン(百盛)など複数…
  • 日本、「一帯一路」協力に前向き
    日本、「一帯一路」協力に前向き
    日本の安倍晋三首相は10日、「一帯一路(the Belt and Road)」イニシアティブへの協力について、「個別の案件について、きちんと日本で対応できるものは対応したい」と述べた…
  • 「失われた20年」を抜け出す日本の計略は?
    「失われた20年」を抜け出す日本の計略は?
    終わったばかりの2017年、日本経済は多様化する再編ラッシュという環境の中で、政策による喚起と政策的周期のメリットを享受し、これに慣れ始め、一時的な復興をみせた。18年になり…
  • 17年のCPI上昇率は1.6% 12月は1.8%
    17年のCPI上昇率は1.6% 12月は1.8%
    中国国家統計局のサイトが伝えたところによると、2017年12月の全国の消費者物価指数(CPI)は前年同月比1.8%上昇し、前月比では0.3%上昇した。17年通年では前年比1.6%上昇した…
  • 北京CBD 
    北京CBD グローバルビジネス区誘致力で9位に
    世界ビジネス区連盟の2017年年次総会で発表された「グローバルビジネス区誘致力報告」によると、総合ランキングで北京中心業務区(CBD)が9位に入り、中国の中ではトップだった…
  • 中国税関 世界に先駆け「越境EC標準枠組」を制定
    中国税関 世界に先駆け「越境EC標準枠組」を制定
    税関総署が9日に行った第1回世界税関越境EC大会のメディアブリーフィングによると、中国の税関は目下、世界に先駆けて「越境EC標準枠組」の制定作業を進めており、これは世界の税関の越境EC…
  • 春節の海外旅行
    春節の海外旅行狙い各国が準備 日韓は遠方志向を懸念
    中国で春節(旧正月、今年は2月16日)が近づき、中国人の海外旅行がもつ巨大な消費能力が、世界中にメリットをもたらすことが予想される。一部の海外企業はすでに「事前の準備」を進めており…
  • 中国の中所得クラスターは3億人超
    中国の中所得クラスターは3億人超 算出方法は?
    2017年末に行われた中央経済工作会議は、中国共産党第18回全国代表大会以降の中国の経済発展が獲得した歴史的な成果と体験した歴史的変革を総括する中で、世界の注目を集める判断を下した…
  • 日本社会は「少子高齢化」を懸念
    日本社会は「少子高齢化」を懸念
    日本の総務省の発表によると、日本では今年1月1日現在、20歳を迎える新成人は123万人に上り、8年連続で総人口に占める割合が1%にとどかなかった。1億2660万人のうちのわずか0.97%だ…
  • 中国パスポートの価値増大
    中国パスポートの価値増大 67ヶ国・地域がノービザ
    今年の春節には、中国のパスポートの価値がこれまでで最も上昇し、各国は査証(ビザ)の発給要件を緩和して中国人観光客を出迎え、中国の春節が「世界のゴールデンウイーク」になるよう…
  • 中国は2023年に「中所得国の罠」を超越
    中国は2023年に「中所得国の罠」を超越 報告書
    北京大学中国国民経済計算・経済成長研究センターがまとめた報告書「中国経済成長報告2017年:新常態の下での成長の原動力およびその転換」が、7日に北京で発表された。それによると…
  • 自由貿易港
    特色ある自由貿易港建設を目指す
    中国共産党第19回全国代表大会報告は全面的開放の新たな枠組みづくりを促すことを提起した。これにより、今後5年から10年以内に、中国は世界でビジネス環境が最も開放された国…
  • 17年の生鮮EC取引額が6割増 
    17年の生鮮EC取引額が6割増 インフラも充実
    生鮮食品のEC産業が再編の時期を経て、モデル転換・バージョンアップを遂げる成長の時期へと徐々に足を踏み入れている。調査会社・艾瑞諮詢が今月5日に発表した2018年中国生鮮EC産業…
  •  EV開発を加速
    日系メーカーがトヨタの下に結集 EV開発を加速
    2017年の年末、日本ではスズキ自動車、スバル、トヨタグループのダイハツ工業、日野自動車の自動車4メーカーが、トヨタの主導する電気自動車(EV)開発の新会社に参加することを決定した…
  • 「一帯一路」との連携を探り始めた日本
    「一帯一路」との連携を探り始めた日本
    2018年になると、中国と日本の関係回復への期待がますます高まり、両国首脳の相互訪問の条件も徐々に整い、両国企業の協力もより多くのチャンスを迎えている。これまでずっと「一帯一路」…
前のページへ12345次のページへ
アーカイブ  
バック·ナンバー  
·2006年 ·2005年
·2004年 ·2003年
·2002年 ·2001年
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号