中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中日韓ロシアの高速鉄道を比較した米国人記者、結果は中国が最速
  ·   2018-07-12
タグ: 高速鉄道;中日韓;社会
印刷
 米国人記者のハリソン・ジェイコブズさんが最近、米国のあるサイトに、中国・日本・韓国・ロシアの高速鉄道に乗った感想を書き込んだ。ハリソンさんが見た各高速鉄道の優劣は?そして各国の高速鉄道の特徴とは?環球網が報じた。

ハリソンさんは次のいくつかのポイントごとに各国の高速鉄道を評価している。

1.車両

中国の高速鉄道はここ十数年で発展し始めたこともあり、車両は当然ながら新しい。中国は昨年、自主設計・製造した最新型車両の「復興号」を世に送り出した。日本は1964年に新幹線を導入し、その後も車両のリニューアルを続けている。韓国の高速鉄道は、2004年に開通し、初期はフランス・アルストム社との共同開発だったが、近年は独自の列車を開発している。ロシアの高速鉄道は、09年にサービスを開始し、技術はドイツ・シーメンス社のものだ。

2.駅

中国で新たに建設された高速鉄道の駅は、駅というよりも空港に近い。私が中国で利用したほとんどの高速鉄道の駅は、地下鉄と直接つながっており、旅行にはとても便利だ。日本では、東京から大阪まで新幹線に乗った。美しい東京駅には長い歴史があるが、中国の駅ほど現代化は進んでいなかった。韓国では、ソウルから釜山(プサン)まで高速鉄道に乗った。2つの駅はとても清潔で、移動しやすかったが、特に特徴はなく、大型のショッピングモールのようだった。ロシアでは、モスクワからサンクトペテルブルクまでSAPSANに乗った。モスクワ駅は、外から見ると建物がとても美しいが、内部はサンクトペテルブルク駅と同じく、暗くて狭かった。

3.乗車率

16年、中国の高速鉄道網の利用者は延べ約30億人で、乗車率は毎年10%のペースで上昇している。中国全土の高速鉄道は計1万5500マイル(約2万4945キロ)で、初の高速鉄道は08年に開通と比較的遅い時期であることを考えると、この数字には驚かされる。新幹線ネットワークのカバー率は高く、日本の総人口の37%をカバーしている。韓国の高速鉄道網はメイン路線4線からなり、さらに多くの路線の建設が計画されている。印象深いのは、高速鉄道網が韓国の総人口約45%をカバーしている点だ。ロシアの高速鉄道は一路線しかなく、サンクトペテルブルクから、モスクワを通り、ニジニ・ノヴゴロドまで8時間で結ばれている。

4.切符の購入

中国では、外国人はオンラインで切符を買うと、切符を窓口まで取りに行かなければならない。また、人気の路線の切符はすぐに売り切れるため、前もって予約しておかなければならない。日本でもオンラインで切符を買うことができる。主要路線は運行本数も多いため、売り切れていないか心配する必要はない。韓国の状況も日本に似ている。ロシアでオンラインで切符を買う場合は、倍の値段を取る会社もあるため、注意が必要だ。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: