中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
李克強総理 中日韓自由貿易区の推進は3カ国にメリット
  ·   2019-03-15  ·  ソース:北京週報
タグ: 中日韓;自由貿易;政治
印刷


3月15日、第13期全人代第2回会議の閉幕後、李克強国務院総理は北京の人民大会堂3階金色ホールで国内外の記者と会見し質問に答えた。 

日本の記者からの中日韓自由貿易協定(FTA)に関する質問に対し、李克強総理は「中日韓サミットメカニズムが発足してから今年で20年になる。中国側は議長国として、日韓と共に会議の議題を協議する。議題には中日韓FTAの推進が含まれるべきだと考えている。とりわけ保護貿易主義が台頭している現在、包括的、高水準、互恵的な協定の締結は、3カ国にとってメリットになる。現在、日韓共に対中貿易が比較的大きな黒字となっているが、それでもわれわれは平等な競争を行い、消費者の選択肢を増やすことを望んでいる。この過程において強みによる相互補完を実現し、各国に利益をもたらすことができると私は信じている。中日韓FTAと域内包括的経済連携(RCEP)のどちらが先に妥結するかについては、各国の努力次第だろう。どちらが先であっても中国側は歓迎する」と答えた。 

また李克強総理は「中国は北東アジア諸国との関係だけでなく、東南アジアおよびすべての周辺諸国との協力を重視している。中国は断固として平和的発展の道を歩み、地域と世界の平和および発展の保護者・貢献者になる」と述べた。 

「北京週報日本語版」2019315

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: