中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
2016年「十大ネット用語」などが発表 「洪荒之力」、「吃瓜群衆」がランクイン
  ·   2017-07-21
タグ: ネットユーザー;メディア;社会
印刷

2016年は、どのような文字や言葉が流行し、どのような用語がネットユーザーに最も人気が高く、どのような新語がメディアに最も多く登場したのだろう。中国教育部(省)は18日、「中国言語文字事業発展報告」など4種類の報告書を発表して、これらの疑問に対する回答を提示した。「小目標(小さな目標)」が「年度国内ワード」に、「洪荒之力(究極のパワー)」や「吃瓜群衆(野次馬)」が「中国メディア十大新語」に、「葛優躺(葛優座り)」や「藍痩香菇(青くて細いキノコ)」が年度十大ネット用語に、それぞれ選ばれた。鄭州晩報が伝えた。

教育部語用司・語信司の田立新・司長は、「中国言語文学事業発展状況を発表するのは、今回で12回目となる。『中国言語文字事業発展報告』白書、『中国言語生活状況報告』緑書、『中国言語政策研究報告』青書、『世界言語生活状況報告』黄書の4種類が発表された」と紹介した。

田司長は、「中国は昨年、国家通用言語文字を積極的に普及し、年間延べ604万2千人が「普通語水平測試(標準中国語レベルテスト)」に参加した。1994年にスタートした同テストには、これまでに累計6446万人が参加した。また、言語文字の規範化・標準化・情報化建設を積極的に推し進め、外国語-中国語通訳・翻訳計画を制定した。一部の限られた専門家による基準制定への必死の取り組みが実を結び、今後、通訳・翻訳基準に基づいた3435語の規範化使用が実現する見込みだ」と続けた。

社会言語生活モニタリング指導の面では、2016年度にメディアが使用した漢字の総数は9億7500万字、重複していない文字の数は1万2041、使用された語句は延べ5億7500万語、語句の種類は245万あまり。年度漢字総括において、「規」が「年度国内文字」、「小目標(小さな目標)」が「年度国内ワード」、「変」が「年度国際文字」、「一帯一路(the Belt and Road)」が「年度国際ワード」に、それぞれ選ばれた。(編集KM)

12次のページへ
2016年「十大ネット用語」などが発表 「洪荒之力」、「吃瓜群衆」がランクイン--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: