中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国の一、二線都市で住宅購入する女性急増中 その理由は?
  ·   2019-05-05  ·  ソース:人民網
タグ: 女性;不動産;経済
印刷

中国ではショッピングや旅行、車、マイホームの購入といった分野における女性の消費能力が高まっており、消費観念も大きく変化している。不動産住宅情報サイト・貝殼がこのほど発表した「2019年女性安居報告」によると、女性住宅購入者は近年最高数に達しており、一、二線都市では男性の住宅購入者とほぼ肩を並べている。では、なぜ住宅を購入する女性が増えているのだろうか?人民日報海外版が報じた。

2018年に同プラットホームで行われた中古住宅の取引データを分析し、一、二線都市12都市における女性の住宅購入者を対象にアンケートを実施してまとめた貝殼の「2019年女性安居報告」によると、2018年における女性の住宅購入者は46.7%と、男性とほぼ肩を並べる勢いとなった。年齢別に見ると、30歳以上50歳以下の独身の女性の住宅購入者が大部分を占め、その数は年々増加している。都市別に見ると、一線都市の北京や深センでは、男女の住宅購入者の割合がほぼ1:1となり、二線都市の鄭州や長沙、西安に至っては、アラフォー女性の住宅購入数が男性を大きく上回っている。

住宅購入する女性の資金はどこから? 

統計によると、30歳以上の女性の住宅購入者の約45%が親の援助を受けていたのに対して、29%は自分で購入していた。また一線または二線都市に関わらず、独身女性の3割以上がローンを組まない一括払いを選択しており、ここからも女性の経済力が高まっていることがはっきりとわかる。

女性客の対応の経験が豊富な不動産仲介会社・北京鏈家のスタッフ・丁さんは取材に対して、「経済力があるアラサー女性のクライアントが多く、起業している人もいれば、金融やITなど給料の高い業界で働いている人もおり、ほとんどが300~600万元(1元は約16.5円)の住宅を選んでいる。親が一部を援助しているケースも多く、ほとんどは頭金を親が負担して、毎月のローンは自分で返済するという形だ」と説明した。

独身の若い女性の住宅購入意欲が高いほか、夫婦で住宅を購入する場合も、女性がますますその過程で重要な役割を果たすようになってきている。複数の不動産仲介会社のスタッフは取材に対して、「家族揃って家を見に来た場合は、特に女性の意見によく耳を傾け、説得するように試みる必要がある。それは、家が売れるか売れないかのカギだ」との見方を示している。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: