中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
春節連休の中国小売外食産業売り上げが1兆元突破
  ·   2019-02-11
タグ: 外食;消費;経済
印刷

このほど終了した旧暦の亥年(中国ではブタ、日本ではイノシシ)の春節(旧正月、今年は2月5日)の連休期間には、さまざまな消費の注目点がみられた。中国商務部(省)が10日に発表したデータによると、連休期間中、全国の小売・外食産業企業の売上高は1兆元(1元は約16.2円)を超え、オンライン消費、オーダーメイド消費、体験型消費、スマート消費などの新しい消費の注目点が次々に登場した。新華社が伝えた。

同部のモニタリングによると、大晦日にあたる4日から10日までの間、全国の小売・外食産業企業の売上高は約1兆50億元に達し、昨年の春節連休より8.5%増加した。

商品の消費では品質がさらに重視されるようになった。同部のモニタリングでは、連休中に伝統的な正月用品、グリーン食品、スマート家電、新型デジタル製品、地方の特色ある製品などの売り上げが急速な伸びを維持した。安徽省と雲南省の重点モニタリング企業の家電売上高は同約15%増加し、河北省保定市、湖北省潜江市の重点モニタリング企業のグリーン有機食品売上高は同40%と18.6%、それぞれ増加した。ショッピング、外食、娯楽の機能を集めたショッピングセンターやアウトレットモールなどの新興業態が消費者の人気を集めた。大手ECプラットフォームは連休中は休むことなく、消費者が休日にも便利なネット通販サービスを利用できるようにした。連休中の売上高が前年同期比約40%増加したところもある。

外食消費はより正月ムードに満ちていた。おせち料理や一家団らんの食事、親戚や友人たちとの宴会が春節外食市場の主役で、大衆化し特色を備えた外食が人気を集めた。同部のモニタリングでは、各地の外食産業企業はおせち料理の予約が大幅に伸び、江蘇省揚州市の重点外食産業企業のおせち料理宴会は予約件数が4千件を超え、約4万人が大晦日にレストランで食事をした。連休中、北京市の重点モニタリング外食産業企業の売上高は同10%以上増加した。外食産業とオンラインプラットフォームの多くが完成品や半完成品のテイクアウトおせち料理、派遣シェフによる家庭でのおせち料理作りサービスなどを打ち出し、デリバリープラットフォームのおせち料理注文量は同107%増加した。

体験型消費が特に人気だった。レジャー・観光、映画・美術館・博物館、民俗イベントなど、体験型消費がますます人気を集めた。連休の最初の6日間に、海南省三亜市の8大人気スポットが受け入れた観光客はのべ80万人を超えた。内蒙古(内モンゴル)自治区の受け入れ観光客数はのべ476万2千人で同14.6%増加。全国の映画興行収入は50億元を超え、一連の国産映画が好評を博し人気となった。故宮博物院のイベント「紫禁城でお正月を」は、連休中に約50万人の観光客を受け入れた。北京の地壇と竜潭の縁日にはどちらも一日あたり平均のべ28万人が訪れ、上海市の豫園の新春民俗芸術灯会には一日平均のべ20万人以上が訪れた。(編集KS)

「人民網日本語版」2019年2月11日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: