Imprimer cet article

Commenter cet article

中国と日本  
温家宝総理、日本の安倍首相と会談

 

 中国の温家宝首相は4月11日午後、東京で日本の安倍首相と会談を行い、双方は戦略的互恵パートナー関係の中身を確認し、中日ハイレベル経済対話メカニズムを確立した上で、共に努力して、各分野における協力レベルを高めていくことで一致した。

会談の中で、温家宝総理は、「中日関係を引き続き改善し、発展させ、中日の友好協力を強化していくことは、時代の流れに沿ったもので、両国人民の共通の願いである。中日間の戦略互恵関係を構築するため、双方は戦略的な見地と長期的な視点に立ち、両国関係の方向を把握し、以下の六つの点を積極的に推し進めていく必要がある。この六つのこととは、中日間の三つの政治文書の原則を厳守し、約束を守り、両国関係の政治的基盤を維持すること。ハイレベルの往来を深め、交流と戦略的対話により、二国間関係での重要な問題についてタイムリーに意見交換をし、信頼を強め、疑いを解消すること。経済技術などの面での互恵協力を深めること。両国の軍隊の交流と防衛分野における対話を強化すること。人的、文化的往来を拡大すること。地域と国際的な問題における協議と協調を緊密に行い、地域協力を推し進め、北東アジアの長期にわたる安定に建設的な役割を果たしていくことだ」と述べた。

これに対し、安倍首相は、「日中が安全保障分野で戦略的互恵関係を確立することには、重要な意義がある。双方は互いに相手国を脅威とみなさず、安全保障面での協力を強め、防衛分野における連絡メカニズムを確立し、両国の経済ハイレベル対話メカニズムの役割を発揮し、両国関係の全面的発展を推し進めていく必要がある」と述べた。

歴史問題について、温家宝総理は、「歴史問題は中日関係の政治基盤にかかわる重要な原則的問題だ。日本軍国主義者が発動した中国侵略戦争は中国人民に重大な災難をもたらし、日本人民もその深刻な被害を受けている。歴史を鏡とし、未来に目を向けることとは、つまり、歴史的教訓を汲み取り、中日友好協力の新しい路を切り開くことである。日本側には中日間の三つの政治文書の原則を確実に遵守し、歴史問題を適切に処理してもらい、両国関係の得がたい改善の勢いを維持し、発展させてほしい」と語った。

また、安倍首相は、「日本は、『日中共同声明』など日中間の3つの政治文書で定めた精神や原則に基づいて、両国関係の発展を推し進めていく」と述べた上で、「謙虚な態度で歴史を取り扱い、変わることなく平和な道を歩み続けていく」と語った。

台湾問題について温家宝総理は、「台湾問題は、中国の核心的な利益にかかわる問題である。中国は、この問題の平和解決を目指してできるかぎり努力していく。われわれは、台湾当局の、法的な独立などいかなる形の分離活動にも断固として反対する」と述べた。その上で、「日本は、台湾問題が高度に敏感な問題であることを充分に認識して、約束を守り、慎重に対処するよう希望している」と語った。

これに対し、安倍首相は、「日本は、日中間の3つの政治文書の立場を堅持し、台湾の独立を支持しない」と述べた。

「CRI」2007年4月11日

 

北京週報e刊一覧
トップ記事一覧
インフレは依然、経済最大の潜在的懸念
「タイガーマザー」論争、どんな母親が優れているのか?
中国、水利整備を加速
潘魯生氏 手工芸による民族文化の伝承
特 集 一覧へ
第7回アジア欧州首脳会議
成立50周年を迎える寧夏回族自治区
現代中国事情
中国の地方概況
· 北京市  天津市 上海市 重慶市
· 河北省  山西省 遼寧省 吉林省
· 黒竜江省 江蘇省 浙江省 安徽省
· 福建省  江西省 山東省 河南省
· 湖北省  湖南省 広東省 海南省
· 四川省  貴州省 雲南省 陝西省
· 甘粛省  青海省 台湾省
· 内蒙古自治区
· チベット自治区
· 広西チワン族自治区
· 新疆ウイグル自治区
· 寧夏回族自治区
· 澳門特別行政区
· 香港特別自治区