中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
  • descriptiondescription
外交部、インド指導者の係争地区訪問に断固反対
  ·   2017-11-21
タグ: インド;国境問題;政治
印刷

中国外交部(外務省)の陸慷報道官は20日の定例記者会見で「中国側はインドの指導者が係争地区を訪れて活動することに断固として反対する。インド側が二国間関係の大局を守り、国境問題を複雑化させる行動を取らないよう望む」と表明した。

【記者】インドのコビンド大統領が19日、いわゆる「アルナチャルプラデシュ州」を訪れて活動したとのインドメディアの報道について、コメントは。

【陸報道官】国境問題における中国側の立場は一貫した、明確なものだ。中国側はいわゆる「アルナチャルプラデシュ州」を承認していない。中印双方は現在、交渉と協議を通じて両国の国境問題を解決しようとし、公平で合理的かつ双方共に受け入れ可能な解決策を探っている。国境問題が解決されるまで、双方は国境地帯の平和と安寧を共同で維持するべきだ。

インドの指導者が係争地区を訪れて活動することに、中国側は断固として反対する。現在中印関係は発展の重要な時期にある。インド側が中国側と同じ方向に向かい、二国間関係の大局を守り、国境問題を複雑化させる行動を取らず、国境交渉と両国関係の健全で安定した発展のために有利な環境を築くことを望む。(編集NA)

「人民網日本語版」2017年11月21日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: