中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 政治 >> 本文
安倍内閣の支持率急落で起こる「ドミノ現象」
廉徳瑰  ·   2017-07-17
タグ: 安倍内閣;自民党;政治
印刷

東京都議会議員選挙で自民党が惨敗した後、安倍内閣の支持率は下がり続けている。最新の世論調査によると、第2次安倍内閣で最低の29.9%まで落ち込み、危険域に入った。このままいくと、内閣を維持することが難しいかもしれない。そのため、安倍首相は1カ月も前から8月初めに内閣改造を行うことを発表し、有権者にメッセージを伝え、衰勢を挽回し、支持率を上昇させようとしている。

支持率は日本政治の生命線である。これまで安倍首相が野党と党内のライバルを無視して、独断専行で右傾政策を行ってこられたのは、高い支持率があったからだ。しかし小池百合子東京都知事が新たに勢いをつけると、とうに安倍首相の独断専行と「お友達内閣」に嫌気がさしていた有権者は「代替品」を見つけ、「安倍一強」神話はすぐさま崩壊の危機に瀕した。今後、こうした変化が日本の政治・外交面にどのような「ドミノ現象」をもたらすか。極めて注目に値する。

まず、日本の国内政治が再編されるかもしれない。安倍政権発足以来、自民党は安倍首相の指導下で4回連続して「国政」選挙で勝利している。これは安倍首相が今に至るまで「一強」状態を保ってきた重要な要因だ。しかし東京都議選で敗れた後、党内に安倍首相を公に批判する声も出始めている。8月に予定している内閣改造で、安倍首相は党内から広く人材を受け入れ、各派のバランスを取らざるを得なくなり、安倍首相の勢力は牽制されると見られる。

このほか、来年の総裁選挙で安倍首相の「三選九年」の夢が打ち砕かれるかもしれない。安倍首相の潜在的ライバルである岸田文雄外相や石破茂前地方創生担当相は、自民党は事態の厳しさを受け止めるべきだと発言しており、特に石破氏は「自民党に対する(有権者の)反感があった」と指摘した。さらに意味深長なのは、安倍首相の政治的盟友であり現副首相である麻生太郎氏が、引き続き安倍首相を支持するとしつつ、この肝心な時に新派閥を結成して党内での勢力を拡大し、自民党内第2の派閥となり、再び首相になる準備を整えているように見えることだ。

内閣の人気不振が有権者の自民党に対する支持度に影響するのは必至だ。もし今の衰勢が来年の衆議院選挙まで続くようなら、自民党は厳しい試練に直面するだろう。

12次のページへ
安倍内閣の支持率急落で起こる「ドミノ現象」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: