中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
農家・牧民の富を築く希望の窓開く
  ·   2019-04-26  ·  ソース:人民網
タグ: 西蔵;農村振興;社会
印刷
チベット自治区は青少年の教育問題を重視しており、教育による貧困脱却の過程で子供たちを学校に通わせ続けている。写真は定結県定結郷完全小学校の児童が1週間の授業を終え、大喜びで帰宅する様子(写真提供・人民図片)。

先ごろ西蔵(チベット)自治区山南市克松コミュニティで、達瓦さんが語る起業の物語を耳にした。手押し耕運機を操縦する仕事から、小さな飲食店の経営、さらに農業用コンバインの請負業、そして長距離トラックの運転手までこの26年間で6回にわたって「転職」し続けてきた。彼は現在、克松で2階建ての一軒家に暮らし、拉薩(ラサ)にも不動産を購入した。今後は田舎暮らしを体験できる宿泊施設「農家楽」を経営する予定だ。

人々に富をもたらし西蔵を振興しようとするならば、西蔵の人々の奮闘精神と発展の願いを確かなものにすることが極めて重要だ。克松では、達瓦さんのような家庭は少なくない。この「西蔵を民主改革第一村」において、克松の人々は当時率先して民主改革を行った人々のように、勇敢に探索し夢を追い、発展の道で汗水を流して働き、活力あふれている。どうしてこんなに頑張るのかと聞いたところ、「美しい生活は自らの両手で勝ち取り、美しい家庭は自らの両手で築く」や「国の発展と時代の進歩に加わることができ達成感がある」といった答えが返ってきた。

人々に富をもたらし西蔵を振興しようとするならば、各級・各地からの援助と支援が不可欠のエンジンだ。日喀則市白朗県の人々はハダカムギを栽培し、収穫後に家の倉庫に保存する習慣があった。他の収入源はなく、衣食に事欠かない生活を送るだけでやっとだった。近年は各級の支援があり、産業発展計画が整い、大きな農業用ビニールハウスが白朗の新たな風景になった。有機キュウリやイチゴ、カボチャなど、西蔵への農業支援専門家の指導により、これらの高い経済的価値を持つ野菜と果物が高原の人々の食卓を豊かにし、人々の懐も豊かにした。スマート化と技術協力による貧困支援は、農家・牧民の富を築く希望の窓を開いた。白朗県は2018年10月に正式に貧困脱却を実現した。

2020年に小康社会(ややゆとりのある社会)を全面的に建設する目標を見据え、西蔵の任務は重く責任は大きい。習近平総書記は、人々に富をもたらし西蔵を振興するためには、各民族の幸福促進を西蔵振興の基本的な出発点及び立脚点とし、民族の団結と国民生活の改善による経済発展及び社会の全面的な進歩の促進をめぐり、各民族により良く改革・発展の成果を共有させる必要があると強調した。このような方針を受け、西蔵の都市部の1人あたり可処分所得は昨年3万3797元(1元は約16.65円)、農村部は1万1450元に達した。60年前の民主改革は、人々の幸福な生活を築く深い熱意を引き出した。現在、中国の特色ある社会主義は新時代に入っており、チベットの人々の素晴らしい生活という夢を追う足取りはより安定し、力強くなっている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: