中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
「ダブル11」宅配物、1日あたり処理件数は最大4億件の見通し
  ·   2018-11-09
タグ: ダブル11;宅配;社会
印刷

国家郵政局はこのほど、「今年の宅配業務シーズンのピークは、『ダブル11(11月11日のネット通販イベント)』におとずれると予想され、大まかな推計によると、11月11日から16日までに宅配業が処理する宅配件数は、前年同期比25%増の18億7千万件を上回り、一日あたり最大処理件数は同23.9%増の4億1千万件に達し、『ダブル11』期間の一日あたり平均処理件数は、通常時の2.4倍に相当する3億1千万件に上るだろう」との見通しを示した。経済日報が報じた。

郵政と宅配各社は、宅配ピークに対応するために万端の準備を進めている。配送所、中継センター、車両、マンパワーなど各分野で、いずれも普段の20%ほど投入を増やしている。情報システムを的確に拡張し、通過型物流倉庫の増設や省を跨ぐ転送による宅配量の削減といった方法を講じ、集中・分配のプロセスを科学的にコントロールしている。また、末端の配送ネットワーク体制を安定させ、ピーク期のサービス品質を保持する目的で、宅配員に対するインセンティブ(奨励)制度を導入した企業もある。これにより、宅配価格が理に叶ったものに戻り始めており、サービスの質も保障されると期待される。企業のハイテク導入もさらに強化されており、資金投入のうちスマート生産・管理システム開発への投入が7割以上を占めている。

末端の宅配サービスに対する圧力が際立っていることが、今年のピーク期におけるサービス保障業務を難しくする原因のひとつとなっている。国家郵政局市場管理監督司の辺作棟・副司長は、末端宅配所の安定性を確保するために、以下6項目の措置を講じるとしている。

1.末端配送所の登録関連業務について、内容を徹底的に把握する

2.準備が可能なものは、出来る限り準備しておく

3.見回りや重視を強化する。「ダブル11」期間に、隠れたリスクが大きいとみられる配送所に対して重点的な見回りを実施し、ビデオ監視などの方法でリアルタイムモニタリングを行う

4.宅配各社に対し、配送所の倉庫備蓄能力を強化するよう促す。

5.末端資源に関する企業間の共有・協力を奨励し、ダブルウィンを実現する。

6.キャンパス宅配サービスセンターに対する指導を強化し、コミュニティ内の宅配総合サービスステーションとスマート宅配ボックスの機能を最大限に活用することで、末端の宅配力不足を補う。(編集KM)

「人民網日本語版」2018年11月9日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: