中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
中国、財産として不動産取得を依然として目標とする90後 HSBC最新調査
  ·   2018-09-14
タグ: 不動産;90後;社会
印刷

香港上海銀行(HSBC)が最近発表した調査報告によると、「不動産」を首な財産とし、その取得を目標としている90後(1990年代生まれ)の割合は62%で、他の年齢層「80後(1980年代生まれ)」、「70後(1970年代生まれ)」、「60後(1960年代生まれ)」の割合を大きく上回った。また、親が子供に残したい主な財産も依然として「不動産」だった。しかし、子供が期待している「財産」は、「仲の良い家族」、「健康」、「家族の平和・健康」など、精神的な財産だった。中国青年報が報じた。

HSBCの調査は、北京、上海、広州、深センなどの主要14都市における、個人の流動資産が50万元(約810万円)以上のマス・アフルーエント約4600人を対象に行われた。年齢層は60後、70後、80後、90後で、マス・アフルーエントの財産に対する見方がさまざまな角度から反映される調査となった。

調査によると、社会、経済が発展し、生活観念が変化するにつれ、中国人の財産に対する見方も少しずつ変化している。例えば、健康や夢の追求、家庭の幸福、満足することで幸福を感じることなど、非物質的要素も、財産の新たな定義に含まれるようになっている。多くの人が精神的な面で幸福を得ることを「財産」として捉えるようになっている。

その他、「ジェネレーションギャップ」は社会的現象であるだけでなく、財産に対する見方にもそれが存在していることが分かった。特に90後には、独特の時代的特徴が見られる。財産をめぐっても、親が残したいと思っている財産と、子供が受け継ぎたいと思っている財産には明らかな差がある。自分で収入を確保して不必要な支出を減らすことを教えて、「すねをかじる」若者の増加という問題を解決する必要性を明らかにしているほか、富裕層は人工知能(AI)を活用したフィンテックに対して強い関心を持っていることも分かった。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: