中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
スマートアイテムに依存して怠けぐせをつけないようにするには?
  ·   2018-09-14
タグ: スマート;新入生;社会
印刷

中国の各大学は9月が入学シーズン。寮に入る新入生の持ち物には、ノートパソコンやスマートフォン、タブレットPCなどの電子製品が増えている。中国大学統一入学試験(通称「高考」)が再開された41年前、新入生が寮に持ってくる物と言えば、洗面器に布団、保存ができる食品や筆記用具だったが、今の新入生の持ち物はそれと比べると豪華でスマート化されていると言える。人民日報が報じた。

今では、手書きで写しきれない内容はスマホのカメラで写し、記憶が不確かな知識はネットで調べ、また勉強もオンラインプラットフォームですることができる。このように持ち物がスマート化されると、学習スタイルもスマート化している。しかし、それらスマートアイテムを手にしたことで、大学生にはその自制心も試されることになる。例えば、授業中にスマホでチャットしたり、休み時間や放課後にゲームに夢中になったり、宿題もネットで調べた資料を「コピー」して済ませたりしている大学生もいる。

もちろん、それらの責任全てを「スマートアイテム」に擦り付けることはできない。それらアイテムに、「善悪」はなく、学生がそれらを賢く活用できるかは、各人の自制心にかかっているからだ。スマホのカメラで黒板を写し、USBメモリーに資料をコピーし、難しい宿題はネットで調べるということ自体は、学習効率を向上させる良い方法であるものの、知識をスマホやパソコンに保存しておくだけで、頭を使ってそれを消化せず、多くの時間をSNSやオンラインゲームなどに費やした場合、それは本末転倒と言わざるをえない。

自制心を身に付けるにはまず、勇気を持って「コンフォートゾーン」から抜け出さなければならない。米国の著名な作家・マークトウェインは、「何かやらざるをえない事があったら、毎日必ずそれをやることだ。それが自制を身につけるための黄金律なのだ」という明言を残している。人はスマートアイテムに依存しがちで、怠けぐせが付きやすい。実際には、勉強するための時間が十分にある場合は、スマートアイテムの使用をできるだけ控えれば、勉強できるだけでなく、頭や手を使う能力も養うことができるので、一度試してみるのもいいかもしれない。

もちろん、活力みなぎる若者にとって、自制心を身に付けるには長い時間を必要とし、一日に何度も自分の行為を反省するという精神を養い、それを続けなければならない。そのためにまず、目標を1つ定め、それを達成するための小さな目標をいくつか定め、それを達成するために努力する過程で、自分をコントロールすることを覚えることができる。それを長期間続けていくことで、塵が積もり山となるだろう。(編集KN)

「人民網日本語版」2018年9月13日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: