中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
ユニークでバラエティに富んだ台湾地区のちまきあれこれ
  ·   2018-06-13
タグ: ちまき;端午節;社会
印刷

中国の端午節(端午の節句、今年は6月18日)を間近に控え、バラエティに富んだテイストで有名な台湾ちまきもその販売がピークに達している。端午節の前後、食いしん坊たちは、「鹼粽(あくまき)」や「素粽(野菜ちまき)」など伝統的な味のちまきを堪能するだけでなく、「百分粽」や「氷粽」、「鶏脚粽」といったユニークで美味しいちまきも試すことができる。新華網が伝えた。

台北南門市場で販売されているちまき(撮影・劉軍喜)。

台湾ちまきは、北と南で異なる。端午節になると、台湾地区の人々の間では、「あなたは南部のちまきと北部のちまき、どちらが好き?」という話題で盛り上がる。

南部ちまきも北部ちまきも、肉入りちまきの部類に入るが、北部ちまきは、もち米を炒めたあとに竹の皮に包むが、南部ちまきは生のもち米を竹の葉に包んで煮て作る。南部ちまきも北部ちまきも好みで分かれるが、ヘルシーな食生活がブームになっている今、煮て作る南部ちまきの方が、北部ちまきよりカロリーが低いから良いとする人もいる。

台北南門市場の「立家」ちまき店で売られている最も大きなちまきと最も小さいちまき(撮影・林善傳、6月5日)。

〇伝統的な台湾ちまき 

台湾地区では「鹼粽(あくまき)」や「素粽(野菜ちまき)」が非常に有名な伝統的なちまき。

「鹼粽(あくまき)」は、灰汁(あく)ともち米をよくかき混ぜ、キラキラと透き通るまで煮こむと、美しく弾力のあるちまきが完成する。そしてこれを冷蔵庫で冷やせば、たちまち美味しい「氷粽」に変身する。食べる時には、蜂蜜や粉砂糖、黒砂糖をつけて食べても、シロップをかけて食べても美味しい。

また「素粽」は「菜粽」とも呼ばれており、現在増えつつあるベジタリアンや仏教徒向けで、タケノコや五香豆干(ドウガン)、椎茸、干しダイコン、落花生、ピーナッツパウダーなどで具を作り、強火でさっと炒めた後に醤油やコショウを加え、よく煮こむ。味噌をつけて食べるとこの上なく美味だ。

12次のページへ
シェア:
ユニークでバラエティに富んだ台湾地区のちまきあれこれ--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: