中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
  • descriptiondescription
山奥深くに「夢のふるさと」
  ·   2018-05-04
タグ: 農村;観光;社会
印刷

大別山の奥深くに位置する河南省新県周河郷西河村は長い歴史を持つ古い村落であり、現在は民家が150軒あまり建っている。村の前には曲がりくねった川が静かに流れ、この川の中には様々な形の岩があり、両岸には古木が聳え立っている。各地から訪れた観光客は西河村に来ると、夢の中のふるさとに帰ってきたかのように錯覚する。 

2014年から現地政府は農村観光の開発を始めるようになった。観光のサービス関連施設を建設し、現地の家屋を利用してレストランや民宿を開き、専業合作社(協同組合)を設立するよう村民を導いた。文化体験を特徴とする農村観光の発展の道は、古い村落に持続的な発展の力を与えた。 

4年間で西河村は延べ70万人以上の観光客を受け入れ、観光収入は1700万元以上に達した。西河村は多くの人が「郷愁を見つける」という特色ある村となっている。(写真は全て新華社の陶明記者が撮影) 

西河村の景色

西河村の景色

1234次のページへ
シェア:
山奥深くに「夢のふるさと」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: