中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
甘粛省敦煌市 景勝地の「トイレ革命」がスマート旅行を支える
  ·   2017-12-04
タグ: トイレ;観光;社会
印刷

今年から、甘粛省敦煌市は「トイレ革命」を強力に推進しており、景勝地のトイレ建設・管理をスマート旅行における重要な内容とした。莫高窟や鳴沙山月牙泉などの景勝地に設置されているトイレを全面的にアップグレードし、全ての景勝地に多目的トイレを設置し、トイレ内に無料Wi-Fiを完備した。また同時に、トイレを管理・保護する専任者も配置した。「トイレ+」のモデルを通して景勝地のトイレには様々な機能が備わり、観光客はトイレを利用する際に景勝地の情報を閲覧し、観光コースを調べ、便利なサービスを受けられる。(写真は全て新華社の陳斌記者が撮影) 

敦煌市鳴沙山月牙泉景勝地のトイレを清掃する清掃員

1234次のページへ
甘粛省敦煌市 景勝地の「トイレ革命」がスマート旅行を支える--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: