中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
100年の時を越えて奏でる中米の曲 蘇る大型パイプオルガン
  ·   2017-11-10
タグ: 中米;パイプオルガン;社会
印刷

100年前、パイプオルガン・カサバンはアメリカのボストンで誕生し、一大センセーションを巻き起こした。しかし時が経つにつれて一つ一つの傷が蓄積し、音を奏でることができなくなった。

10年前、華僑の胡友義さんの手配によりアメリカから中国の厦門(アモイ)に渡り、「音楽の島」と呼ばれる鼓浪嶼(コロンス島)で再生の道を歩み始めた。 

現在、中国最大のパイプオルガン・カサバンは、西洋と東洋の名匠の手によって青春の輝きを取り戻し、再び音色を奏でられるようになった。(写真は全て新華社の姜克紅記者が撮影)

鼓浪嶼オルガン博物館で修復されたパイプオルガン・カサバン

1234次のページへ
100年の時を越えて奏でる中米の曲 蘇る大型パイプオルガン--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: