中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
この道約30年 経験豊富な「キノコ栽培人」
  ·   2017-07-26
タグ: キノコ;栽培;社会
印刷

河南省洛陽市欒川県廟子鎮老張村の農民・呉戦科さん(48歳)は1988年にキノコ類の栽培を始め、今では欒川県キノコ類栽培の協同組合の責任者だ。呉さんの指導の下、周辺に住む50世帯以上が協同組合に加入した。現在この協同組合では、サナギタケ、キクラゲ、ヤマブシタケなどのキノコ類を主に栽培しており、各世帯の平均年収は3万元(約49万円)ほどだ。(写真は全て新華社の李安記者が撮影) 

白キクラゲを収穫する呉さん

12345次のページへ
この道約30年 経験豊富な「キノコ栽培人」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: