中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 社会 >> 本文
武夷紅茶「金駿眉」
  ·   2017-04-20
タグ: 武夷山;紅茶;社会
印刷

福建省の武夷山は中国茶の国際交易ルート「万里茶道」の起点であり、400年以上の歴史を誇る紅茶の生産地だ。その主要産地は武夷山国家自然保護区内に位置する桐木村で、近年では現地のお茶職人が伝統的製法を基に新製品の開発にも絶えず試みてきた。「金駿眉」はその代表的製品で、眉のように細長い「金駿眉」の茶葉には、葉身の小さな野生の木から柔らかな新芽の先端を摘み取り用いられる。淹れたお茶は黄金色に透き通り、香りは奥ゆかしく上品で、口当たりはさっぱりしており、消費者からの人気を集めている。(写真は全て新華社の姜克紅記者が撮影)  

「金駿眉」を作る武夷山桐木村正山茶業有限公司の茶農家 

12345次のページへ
武夷紅茶「金駿眉」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: