中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国のライブコマース、若者就職の注目分野に?
  ·   2020-06-30  ·  ソース:人民網
タグ: ライブコマース;就職;経済
印刷
ライブコマースの達人の魏淑芬さん

就職情報サイトのBOSS直聘がこのほど発表した「2020年上半期ライブコマース人材報告」によると、今年上半期には、ライブコマース経済の業態の主要ポジションの人材ニーズが前年同期の3.6倍に増加し、この業界に参入した求職者の規模も前年同期の2.4倍に増加したという。現在、多くの若者がこの「人材不足の分野」または「現在の注目分野」に狙いを定め、この新しい職業で前に進む道を模索しようとしている。「中国青年報」が伝えた。

キャラ設定が大事だが 商品の品質がもっと大事

「1年か2-3年やってみて、人気が出ないようなら、絶対に転職を考えるだろう」と話すのは、浙江省義烏氏のメディア企業でライブコマースを実践中の00後(2000年代生まれ)の女子大生の周晗さんだ。

周さんは義烏工商職業技術学院モデル・マナー専攻の1年生でもあり、容姿に恵まれ二次元が好きでダンスもうまい。周さんは最初、ライブコマースの配信パーソナリティという仕事について、「着飾って、カメラを回し、ライブ配信中はネットユーザーたちとおしゃべりすればいい」くらいに考えていた。しかし1回目のテスト配信で、カメラがこちらを向き、ライトが当たると、「何もしゃべれない自分」に気づき、視聴者も2-3人しかいなかった。「ライブ配信は考えていたよりずっと複雑で、いろんなことを勉強しなければいけない」。それから1ヶ月間、周さんは同企業でトレーニングを受けた。周さんは、「キャラクター設定がアカウント運営の第一歩で、未来の発展方向の道しるべのようなものでもある。今日は二次元、明日はグルメを取り上げるなんていうのはダメ。キャラ設定は自分をどう位置づけるかだ」という。

キャラ設定といえば、95後(1995年から1999年生まれ)の安秋金さんだ。安さんは「グルメ界の相声(中国の話芸)の名人」であり、「相声界のラップスター」だ。安秋金という名前よりも、「貧乏料理」という彼のもう一つの呼び方の方がネットユーザーにはなじみ深いかもしれない。——安さんは黒いシャツを着て、黒い丸型サングラスをかけ、手には「規則正しい食事」と書いた扇子を持って、2018年からショート動画を制作するようになり、今では登録者が1千万人を超えるグルメ動画の達人だ。安さんは、「キャラ設定を考えるより、本当の自分をもっと出すことを考えた方がいい。物事の中には、たとえばおいしい物に対する熱意といったものは演じることができない。演技ならネットユーザーは一目で見破る」と話した。

もちろん、ライブコマースでは商品をきちんとチェックすることも必要だ。オフィスで食べる楽しいグルメの紹介を中心にしたライブコマースの達人の魏淑芬さんは、18年にライブコマースをスタートしてからずっと「必ず試食してからおすすめする」原則を守り、商品選びでこれまでどれくらい軽食を食べたかわからないほどで、体重も5キログラム以上増えた。魏さんは、「味や口当たりだけでなく、成分、産地などもチェックする。それから業者と価格交渉をして、視聴者のネットユーザーにどれくらいお得な商品を届けられるかを検討する。ライブ配信パーソナリティはユーザーの立場に立って商品をきちんとチェックしなければならない」と話した。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: