中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
中国各地でマスクが予約不要に 「マスクの自由」実現か
  ·   2020-04-03  ·  ソース:人民網
タグ: 新型肺炎;マスク;経済
印刷

マスクがそれほど手に入りにくくなくなったように思われる。中国新聞社が伝えた。

このほど鄭州、青島、厦門(アモイ)、合肥、杭州など各地で、マスクのインターネット予約をしばらく停止することが発表された、多くの人が、「新型コロナウイルスによる肺炎の発生初期に1枚も手に入らなかった状況に比べて、今はマスクがずっと手に入りやすくなった」と肌身に感じている。人々が渇望していた「マスクの自由」がいつのまにかやって来たのだろうか。

感染症発生の初期には、需要が激増したが生産能力が追いつかず、マスクは「1枚も手に入らない」状況だった。今はますます多くの人が入手しやすくなったと感じている。

SNSでは多くのネットユーザーが、「今はマスクがずっと手に入りやすくなったので、買いだめを始めた」と発信する。

主要ECプラットフォームで調査した結果、感染症発生初期にほぼすべての店舗が灰色の「欠品」マークを表示し、お金を払ってもマスクを買えず、人々が絶望に陥っていた状況とは異なり、今は「マスク」と検索すると、多くの店舗が「在庫あり、当日発送」と表示しており、大いに安心できる状況になった。

天猫(Tmall)の3月19日のデータでは、1日あたり2千万枚以上のマスクが出品されていた。3月12-18日のマスク売上高は2月の最後の1週間に比べて97%増加した。数量限定の特別価格の商品はまだ購入予約が必要だが、それ以外なら各地のユーザーは天猫で在庫を予約なしで普通に買えるようになった。

マスク生産量が幾何級数的に増加

マスクが手に入りやすくなったその背後には、中国のマスク生産能力の幾何級数的な増加がある。

感染症発生初期には需要が激増して供給が追いつかず、各地はただちに全力でマスク生産に取り掛かり、企業数千社が臨時でマスク生産に乗り出した。中国石油化工集団と中国石油天然ガス集団、比亜迪(BYD)、五菱汽車、格力電器がその中に含まれ、ブラジャーのメーカーでマスク生産を開始したところもある。

こうしてマスク生産量は徐々に上昇カーブを描いていった。

国家発展改革委員会が3月2日に明らかにしたところによると、中国の1日あたりマスク生産能力と生産量が急速な増加を続け、いずれも1億枚を突破した。2月29日には、普通のマスク、サージカルマスク、医療用N95マスクを合わせて、全国の1日あたり生産能力は1億1千万枚に達して、2月1日の5.2倍になり、生産量は1億1600万枚で同12倍に達し、マスクの需給の問題を一層緩和した。

それから1ヶ月がたとうとしている。同委は新たなデータを発表していないが、各地のマスク生産能力に関するデータをみると、現在の生産状況がいかに異常なのかがわかる。

たとえば福建省は2月初めの1日あたり生産量が120万枚から、3月19日は2119万枚に増え、マスクメーカーは9社から176社に急増し、医療用N95マスクの生産能力も生産量も10倍以上増加し、全省のマスク生産量は累計4億8千万枚に達した。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: