中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
  • descriptiondescription
東風ホンダのCR-Vが販売再開 問題解決に努力
  ·   2018-06-12
タグ: 自動車;ホンダ;経済
印刷

東風ホンダ汽車有限公司はこのほど、2017年2月14日から2018年2月27日までの間に製造された、1.5リットルターボエンジン搭載の「CR-V」2018年モデルの一部をリコールすることを明らかにした。対象車は13万455台に上る。この発表を受けて、エンジンオイルに問題があるとして2ヶ月半にわたり販売を停止されていたCR-Vの販売が再開されることになった。またCR-Vは中国の自動車史上で初めてリコールによって販売を停止された車種になった。「経済日報」が伝えた。

CR-Vは中国の細分化されたスポーツ用多目的車(SUV)市場で人気を集めるコンパクトSUVで、2004年から現在までの間に中国では100万台が販売された。

東風ホンダ関連部門の責任者の加藤文男さんは、「消費者から問題の指摘を受けて確認したところ、東風ホンダは問題ある車両の一部を回収しており、そのエンジンを分解して調べてみると、エンジンオイルが増える現象がみられることがわかった。これは主に設計の問題であり、エンジンのパラメータ較正と関連があると思われる。この過程では、部品にはすべて異常がなかったので、少なくともエンジンには製造過程での問題はないといえる」と話す。

今回のリコール対象車両について、東風ホンダは4段階でハードウェアを交換し、ソフトウェアをバージョンアップする。具体的には、エアコンユニットとラジエーター散水管ユニットを無償で交換し、エンジンを制御するFI-ECUソフトと無段変速機(CVT)搭載車種の通信機TCUソフトをバージョンアップするという。

リコール措置がエンジンや車両の性能への懸念を起こさないかという問題について、東風ホンダサービス技術科の関泰松科長は、「東風は国が資格を認定した検査機関に特に依頼して、リコールになった車両の動力性能、経済性、騒音、排気ガス、エネルギー消費量などについて、中国の国家基準を踏まえてテストを行うことを要求し、その結果、これらの性能の指標は技術上の要求を満たしており、リコール前のデータと基本的に一致しており、関連の性能にいかなる影響も与えないことがわかった」と説明する。

東風ホンダ販売部の郭和平副部長は、「現在、2万台近いCR-Vがリコール作業を終え、これは対象車の15%にあたる。今後1年以内に13万台のリコールを完了させる計画だ」と話す。

12次のページへ
シェア:
東風ホンダのCR-Vが販売再開 問題解決に努力--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: