中文 | English | Français | Deutsch | BR America
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 経済 >> 本文
中国企業500社ランキング 営業収入が60兆元突破
  ·   2017-09-13
タグ: 中国企業;ランキング;経済
印刷

  江西省南昌市、中国企業連合会、中国企業家協会は9月10日、16回目となる「中国企業500社ランキング」を発表した。トップ3には国家電網公司、中国石油化工集団、中国石油天然気集団が並んだ。人々の注目を集めたのは、今年の500社の営業収入の総額が初めて60兆元(1元は約16.7円)を突破して64兆元に達し、新たなステージに突入したことだ。人民日報が伝えた。

▽今回の500社の注目点は? 

500社入りのハードルが過去最高 製造業の純利益が著しく増加 国際的地位がさらに向上

今年のランキングをみると、規模が緩やかに増加し、1千億元クラスの大企業の陣容が拡大した。この5年間に、中国企業500社の営業収入は27.9%増加したが、同期の米国企業500社の営業収入はゼロ成長にとどまり、世界企業500社は8.6%減少した。特に今年は500社入りのハードルが前年より39億6500万元上昇し、2002年にランキングの発表を開始して以来最大の上昇幅となった。営業収入が1千億元を超えた企業は157社に上り、前年より5社増加した。

利益が改善を続け、製造業の純利益が著しく増加した。17年に中国企業500社の純利益は2兆8千億元に達し、過去5年間で30.2%増加し、同期の米国企業500社の純利益は8.5%増加にとどまった。中国では製造業の純利益が同18.03%増加し、500社の純利益全体のうち19.53%を占め、この割合は前年より約2.5%上昇し、過去5年にわたって続いた低下局面をついに転換させた。

構造の最適化が進み、新たな原動力が次々に出現した。17年の中国企業500社のうち、製造業の占める割合は49%となり、初めて50%を割り込んだ。サービス企業の営業収入の伸びが5年連続で製造業企業を上回った。特に阿里巴巴(アリババ)や騰訊(テンセント)を代表とする一連のインターネット企業が、新産業、新業態、新技術の力を借りて急速に成長し、一躍、時代を引っ張る世界企業500社の仲間入りを果たした。

また研究開発(R&D)の強度が上がり、革新の成果がますます顕在化している。この5年間に、中国企業500社のR&D経費は33.9%増加し、R&D強度は1.28%から1.45%に上昇した。保有する特許は73万7千件に上り、5年間で2.2倍に増えた。中興と華為(ファーウェイ)が世界企業の国際特許出願件数で1位と2位を占めた。米トムソン・ロイターが発表した「2016年グローバル革新報告」によれば、美的、格力、海爾は革新能力で世界の家電産業のトップ3に並んでいる。

さらに国際的な地位がさらに上昇し、世界レベルの企業が登場して頭角を現した。世界企業500社のうち、大陸部企業は12年の86社から現在は105社に増え、国別で2位になった。通信、設備、建築、家電、化学工業などの分野で世界的な競争力を備えた一連の中国の大企業が輩出されている。

12次のページへ
中国企業500社ランキング 営業収入が60兆元突破--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: