中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
武漢のウイルスとの闘い描く英語ドキュメンタリー「The Lockdown: One Month in Wuhan」が話題に
  ·   2020-04-03  ·  ソース:人民網
タグ: 武漢;ドキュメンタリー;文化
印刷

中国グローバルテレビジョンネットワーク(CGTN)がこのほど製作した英語のドキュメンタリー「The Lockdown: One Month in Wuhan(原題:武漢戦疫紀)」(33分)を見て、ある米国のネットユーザーは、「ウイルスとの闘いの第一線に立つ医療従事者は本当にたいへん。患者一人ひとりが早くよくなって、1日も早く家族のもとに帰れますように」と感想を綴った。同作品を通して、世界中のネットユーザーは、中国がどのように新型コロナウイルス感染拡大を防止・抑制しているかを理解することができ、感染が世界中に広がっている今、その中国の経験が世界にシェアされている。新民晩報が報じた。

新型コロナ感染流行の中心地で起きた事実を記録

「The Lockdown: One Month in Wuhan」は、武漢のウイルスとの闘いを紹介する初の英語ドキュメンタリーだ。同作品は、約1千万人の人口を抱える武漢でどのように新型コロナウイルスの爆発的な感染を約1ヶ月でぼぼ封じ込めたのかを描いている。

同作品の総監督を務めた葛雲飛氏の本職はCGTN英語チャンネルの記者で、今年2月、第4陣の応援記者として、広州から車で武漢入りした。「武漢の感染状況は中国全土の国民を心配させただけでなく、世界の注目も集めた。たくさんの外国メディアもCGTNの記者と連絡を取り、武漢で何が起きているのか情報を収集した。人口1千万人の都市が完全に封鎖されるというのは歴史上初めてのことで、世界中が高い関心を抱いていた。私に連絡してきた外国メディア全員から『武漢の市民の今の様子は?武漢の街中の様子は?』と聞かれた」と振り返る。

爆発的な感染が生じた当初、武漢が講じた対策について、一部のメディアは批判的に報じたものの、中立的な立場を取る多くの人々は、感染流行の中心地となった武漢の市民がどんな生活をしていたのかを知りたがった。そのため、CGTNは英語のドキュメンタリーを製作して、武漢で実際に起きていることを記録することにした。葛氏は、「武漢の実際の状況と市民が感じていることをありのまま記録しているというのがこのドキュメンタリーの価値。世界の人々は直観的に、武漢が中国全土、ひいては世界の新型コロナウイルスとの闘いにどのような貢献を成したのかを目にすることができる。同作品を見れば、医療従事者や一般市民が、封鎖された都市の中で、どのように強い意思を貫いて自分の持ち場でウイルスと闘ったのかを知ることができる」と説明する。

中国の防疫対策を知る窓口に感謝

「The Lockdown: One Month in Wuhan」は、CGTNの英語チャンネルで最初に放送されたほか、プラットホームの各海外SNSアカウントを通して配信された。また、アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー(ABC)や英国のチャンネル4、フランスのTV5 MONDE、イタリアのTGCOM24、カナダ放送協会、日本のテレビ朝日など、20ヶ国・地域以上の主流メディアでも配信され、ますます多くの外国のネットユーザーが武漢の実際の状況を知ることができるようになっている。統計によると、海外のネットユーザー500万人が視聴し、同作品は世界のネットユーザーが中国の防疫対策を知る「窓口」となっている。

海外のネットユーザーからは、「このドキュメンタリーは素晴らしい。見ていて涙がこぼれた。今回のヒーローはマントではく、マスクを着けていた」、「全ての中国の人々、特に1月からウイルスと闘ってきたヒーローたちに、平安を祈っている私たちから愛を送りたい」などの声を寄せている。また、中国政府の迅速で効果的な対応が、海外のネットユーザーからの称賛の声を集めており、「一致団結して防疫対策を講じた中国と中国の国民は素晴らしい」、「防疫に関する貴重な経験を提供してくれているこのドキュメンタリーに感謝している。献身的な態度でウイルスのさらなる伝播を阻止してくれた武漢の人々にも感謝している。私たちは武漢の人々に学ぶべき」などの声が寄せられている。

「The Lockdown: One Month in Wuhan」を通して、海外の視聴者は、中国の他の地域や世界中の人々を守るために、武漢の人々がこの期間中、どれほど多くの犠牲を払ってきたかを知ることができる。また、中国の防疫対策を詳しく知り、新型コロナウイルス感染が世界中に広がっている今、世界にその貴重な経験を提供している。同作品の最後の部分で、ある医師がカメラに向かって、「パンドラの箱はすでに開けられ、災難、疫病、恐怖がそこから飛び出した。しかし、箱の中にはまだ『希望』が残っている。希望がある限り、目の前にある苦難が問題になることはない」というメッセージを世界の人々に送っている。(編集KN)

「人民網日本語版」2020年4月2日

シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860

中国語辞書: