中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
AI時代の学びと卒業論文作成について
  ·   2019-11-07  ·  ソース:人民網
タグ: AI;教育;文化
印刷

11月4日午後、日中友好市民倶楽部の小野寺健理事長が北京外国語大学を訪問した。北京外国語大学日本語学院の徐滔院長と北京日本研究センターの丁紅衛教授は小野寺理事長と会談し、長年中国の日本語教育に尽力されることに感謝の意を表した。

午後3時半から、同センターのレクチャールームで「AI時代の学びと卒業論文作成について」と題する講演を行った。日本語学院の三、四年生及び院生、それから日本研究センターの院生たちを含め、100人以上来場した。およそ1時間半の講演で、小野寺理事長は知識の更新が早く情報量も膨大なAI時代において、生涯学習が求められていると述べた。そのため、大学が学びの方法論を学生に教授し、すそ野の広い知識構造を持ち、EQも高い人材に育つことを目標にすべきだと提言した。

卒業論文の作成について、小野寺理事長は卒論は卒業するための要件だけではなく、学生たちが主人公になり自ら知的探検できるチャンスであると指摘した。講演中に質疑応答を二回設け、合計7名の学生は質問した。どうやって自分の好きなことを見つけることができるのか、自分らしさと勉強の楽しみを両立できるのかなど、質問の内容は多岐にわたっている。小野寺理事長は自分の経験を交えて、ユーモラスに心のこもった答えをした。また質問した学生二名にプレゼントとして、自分の愛読書を贈呈した。

講演の主旨は以下のとおり。

1.AI時代の学びの特質

a.本来学びの特質は、時代を超えて不変であるが、AI時代の特質は、変革の早さと情報量の膨大さにある。

前述の如く学びの特質は、古代から不変であり、賢く生きる智慧を獲得することにあるが、変動が急激なので、時代の流れを追うことよりも、自分の生き甲斐を見つけて、時代の変化を乗り越える自己を確立することが、大切である。したがって、小賢しく生きることは、難しい時代なので、愉しく生きる智慧を、磨くことです。

ところで、時代の寵児は、単なる箱を作ったGEや東芝よりも、マイクロソフトやAppleに移り、経済の高度化は、サービスとソフト産業の比重を、より一層高めております。「コンピュータ、ソフトがなければ、ただの箱」なので、美貌に依存した生き方に甘えれば、即座にピーマンお婆さんに転落致します。なお、皆さんは、「小姐」だと思っているかもしれませんが、残念ながら既に「大姐」です。何故なら人間は、生物学的に言えば、十八歳から老化現象が始まるからです。したがって、「美に依存する生き方」は、年々価値を失い、惨めな老後が、待ち受けております。そして、人間にとって確実なことは、「死と税金」だと言われておりますが、現在煩く付き纏う花花公子も、「ピーマンお婆さん」には、見向きもしません。また、現在では、「小姐」と言う表現は、同じ花園でも「夜の華」と否定的に思われておりますが、古代においては、貴族のお嬢様を指しております。この様に言葉の意味も、時を経て変わりますが、現代の特色は、急転直下の変貌にあります。

また、麗人であっても、「四十歳を超えれば、美醜は価値を失う」と言われておりますので、優しさと賢さを磨くことは、万人に求めらる資質です。

かくて、私の拙い講義を聞いて、直ちに実践をすれば、資生堂やコーセーの化粧品をつけなくても、ユニクロ漂亮が多数誕生をするので、麗人各位からも、お褒めの言葉を、頂けると確信をしております。

b.生涯学習が求められる中で、大学教育の役割は、学びの方法論を確立することに尽きる。

そして、大学での学問とは、知のフロンティアへの橋頭堡であり、大学での教育とは、多くの人材を、フロンティアに導く為の訓練である。なお、大学で学ぶべきは、推論と議論の方法であり、実践である。

また、直ぐに役立つことは、直ぐに陳腐化するので、時代の流れに左右されない叡智を育むことが、大学教育に課せられた使命かと存じます。

そして、ここで思い起こされるが、旧制高等学校で尊重されたリベラル・アーツ教育です。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: