中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
博物館の文化クリエイティブ商品が若者に人気なのはなぜ?
  ·   2019-08-28  ·  ソース:人民網
タグ: 博物館;クリエイティブ;文化
印刷

第1回天猫新文化クリエイティブ大会が先ごろ北京市の今日美術館で行われた。多くの文化・博物機関が出展したデザイン感あふれる文化クリエイティブ商品を目当てに多くの人が来場し、商品を見て、写真を撮っていた。人民日報海外版が伝えた。

清華大学文化経済研究院とオンラインショッピングモール・天猫(Tmall)が共同で発表した「新文化クリエイティブ消費動向報告」によると、ここ数年、博物館の文化クリエイティブ市場が急成長を遂げ、ますます多くの消費者がネットで文化クリエイティブ商品を買うようになり、文化クリエイティブはすでに博物館と若者をつなぐ新たな方式になっている。過去1年間で、淘宝と天猫上の博物館オンラインショップ旗艦店の累計アクセス数は延べ16億人に達している。これは中国全土の博物館の延べ来場者数の1.5倍で、うち1億人が「90後(1990年代生まれ)」だった。データは、ネットでの文化クリエイティブ商品購入が若者の消費における新動向となっていることを示している。

間もなく「600歳の誕生日」を迎える故宮は、国内の文化・博物機関の中でも比較的早くから文化クリエイティブ商品を手掛け、多くの成功経験を積み重ねてきた。故宮文化クリエイティブチームは自身の文化資源を掘り起こし、実用性と芸術的美しさを兼ね備えたさまざまな商品を打ち出し、消費者に好まれている。昨年、故宮口紅が爆発的にヒットしたのに続き、今年4月に発売された故宮「初雪」スパイスボトルもネットで人気の商品となった。このスパイスボトルは、塩か砂糖を入れるだけで、故宮の琉璃瓦や獅子の石像、鶴の銅像に雪が積もる美しい景色が浮かび上がり、人々の「故宮の雪景色を鑑賞したい」という願いをかなえている。

「90後」の大学生である高緋凡さんはよく博物館の文化クリエイティブ商品を購入している。高さんにとって、「これらの商品は見た目もいいし実用的。さらにコレクションの価値もある」という。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: