中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国ドラマ「如懿伝」の日本版予告が話題 題名が大げさで長いのはなぜ?
  ·   2019-08-26  ·  ソース:人民網
タグ: 中国ドラマ;日本語;文化
印刷

左の中国ドラマのタイトルと、右側の日本語版のサブタイトルを、線でつなげてみよう。いくつ正解できるだろうか?

答えは、1-D 2-C 3-A 4-B 5-H 6-K 7-G 8-J 9-E 10-F 11-I。

中国ドラマ「如懿伝(にょいでん)~紫禁城に散る宿命の王妃~」の日本語予告動画が中国のネット上で話題になっている。日本語版のDVDが11月2日より順次リリースされる予定で、動画ではこのドラマを「豪華絢爛 本格宮廷愛憎劇」と紹介している。

ネットユーザーがまとめたところ、「如懿伝」だけでなく、「琅琊榜 〜麒麟の才子、風雲起こす〜」や「瓔珞(エイラク)~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃~」(中国語原題「延禧攻略」)、「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」など、別の中国ドラマの日本語タイトルも「とても日本っぽく」なっている。やたらと長く、まるで「中二病」のような大仰なタイトルは、中国のドラマのタイトルの付け方とは大きく異なる。では、中国ドラマの日本語タイトルはなぜこんなに独特なのだろう?

長いサブタイトルを付けて内容を説明 

日本語タイトルがとても長くなる主な原因は、タイトルの横のサブタイトルが長いからだろう。中国ドラマだけでなく日本のドラマも同じで、戸田恵梨香が主演の「SPEC」も、サブタイトルが「警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」でとても長い。また、現在放送中のテレビ東京のドラマ「リーガル・ハート」にも、「いのちの再建弁護士」というサブタイトル」が付いている。

日本の脚本家の多くは、自分が脚本を手掛けたドラマにサブタイトルを加えることを好む。サブタイトルは、そのドラマの主な内容を説明している。例えば、上記に取り上げたいくつかのドラマは、タイトルだけでは、日本の視聴者が見ても、海外の視聴者が見ても、どんな内容のドラマか分からないため、サブタイトルを加えて対処している。日本で放送される中国の時代ドラマのほとんどの日本語タイトルには、日本の視聴者が理解しやすいようにサブタイトルが付け加えられている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: