中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
「灯盞碗煙」 油煙墨の伝統的な作り方
  ·   2019-07-12  ·  ソース:北京週報
タグ: 文化遺産;安徽;文化
印刷

安徽省旌徳県に住む汪春林さんは安徽省の省級無形文化遺産である「灯盞碗煙」(「油煙墨の伝統的製造技術」)の伝承人だ。汪さんは14歳から父に墨の製法を習い、「灯盞碗煙」の製造技術を学んだ。

油煙墨の伝統的な製法における最初の工程は、油煙を採取することだ。碗に桐油、ブタの脂、生漆を入れ、芯を差して火を灯し、蓋を被せて油煙を集める。その後は墨を乾かす、また金粉で装飾するなどの伝統的な製造工程を行い、墨が出来上がる。完成した油煙墨はなめらかでつやが良く、黒々としている。新華社発(撮影・黄博涵) 

碗に付着した油煙を採取する工程

何度も墨を打つ汪さん

1234次のページへ
シェア:
リンク
人民中国
中国網チャイナネット
人民網日本語版
中国国際放送局
新華ネット
駐日本中国大使館
 
東方網

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: