中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
LED植物工場を訪ねて、中国に最高レベルの農業ができた
  ·   2019-07-05  ·  ソース:人民網
タグ: 農業;LED;文化
印刷

1990年代に現在の北京北三環路聯想橋の一帯を通り過ぎるたび、三環内に畑があるとは、と不思議に思うことがしばしばだった。後にそこが中国農業科学院の試験田であることを知った。

この試験田にはいつの間にか、鉄筋構造の大きな建物が作られた。オフィスビルのようには見えず、マンションにも見えない。そこが普通の試験田よりもハイレベルなLED植物工場であることを後から知った。

「ここの野菜はすべてそのまま食べられる」。中に入ると、北京中環易達設施園芸科技有限公司の劉従文副社長が筆者にそう話した。

筆者は先ごろ中国内初のスマート型LED植物工場を取材した。300平方メートル余りのホール内のガラス部屋の中は、2列・5層の栽培棚を持つ植物苗育成工場だった。青と紫の人工光源を受け、整然と並べられた苗がすくすくと成長していた。劉氏によると、その単位面積あたり苗栽培効率は通常の40倍以上で、成長にかかる時間は40%以上も短縮できるという。ガラス部屋の外は、5層栽培床の立体栽培を採用する野菜工場で、細かく丸い粒状の「土壌」にはレタスが植えられていた。どれもほとんど同じ形をしており、「工場化生産」の素晴らしさを実感した。劉氏によると、これは湛液型水耕(DFT)という栽培方法で、これによって栽培されるレタスは定植から収穫までの日数がわずか20日前後だ。一般的な畑の栽培期間より40%短く、単位面積あたり生産量は25倍以上だ。商品は清潔で汚染されておらず、商品の価値が高い。

アグリリンクと呼ばれる「施設農業IoT制御システム」のディスプレイ前で、劉氏はLED植物工場のスマート化管理を説明してくれた。環境制御システムはセンサー、コントローラー、執行機関の3つからなる。ここには数十のセンサーがあり、温度、湿度、照度、CO2濃度、pH値、EC値、DO値などの作物の上部環境要素及び根の環境要素が含まれる。センサーと人工知能(AI)を搭載したビデオカメラの視覚分析システムにより、温度・照度・水分・ガス・肥料などのパラメータを絶えず最適化している。植物成長の表面的なパラメータの変化を集め計算学習を行い、作物の成長に最適化されたデータモデルを導き出し、「植物との対話」を行う。「最少の資源で生産量を最大にし、品質を最高にすることが最終の目的だ」。

中国の植物工場技術の基礎を固めた、中国農業科学院農業環境・持続可能な発展研究所「施設植物環境プロジェクトチーム」首席の楊其長研究員は「LED植物工場は世界が認める施設農業発展の最高レベルの段階だ」と述べた。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: