中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国で「千と千尋の神隠し」が大ヒット 「懐かしさ」にお金を払う観客
  ·   2019-06-25  ·  ソース:人民網
タグ: 映画;アニメ;文化
印刷

日本公開から18年の歳月を経て、ようやく中国大陸部での上映が実現した「千と千尋の神隠し」。その観客動員力は目を見張るものがある。21日の公開初日は、同作品の上映回数が全国の映画上映回数のうち3割近くとなり、同時期に公開されている映画のトップに立ち、ディズニーアニメ「トイ・ストーリー4」さえ上回った。宮崎駿監督作品の年月を経ても色あせない魅力は、公開から長い時間が経った今も多くの観客を映画館に動員する最大の原因となっている。一般の観客であれ、業界関係者であれ、皆が「時を経ても魅力を持ち続ける作品であれば、自分が懐かしさに浸るためにお金を払っても構わない」としている。北京日報が伝えた。

〇映画館にとって望外の喜びとなった大ヒット 

「18年間も待ったが、ついにその時がやって来た!」、「必ず見に行かなければ!子供と一緒に自分が幼いころの名作をもう一度味わいたい」。これらは、映画チケット購入専門アプリ「猫眼電影」に寄せられた、熱心なユーザーからのコメントだ。古い映画がリバイバル上映された時の観客の反響が乏しいという従来の状況とは異なり、今回の「千と千尋の神隠し」の中国初公開に対する観客からの声は完全に一致し、期待にあふれている。

プレミア上映とチケットの前売り状況が、その最も良い証拠になっている。同作品は6月15日に全国でプレミア上映され、着席率は97%に達し、毎回ほぼ満席となった。20日午後の時点で、チケット予約販売額は1800万元(1元は約15.6円)に達し、同時期に公開中の最大のライバル映画「トイ・ストーリー4」の2倍以上に達した。

「これほど売れるとは、本当に予想外だった」。公開に先立ち人気が盛り上がったことについて、百老匯電影中心の富偉建・市場総経理はこう驚きの声を上げ、現在の観客のテイストは「掴みにくいところがある」と指摘する。富さんは、「この1-2年の興行収入を見ると、日本のアニメはそれほど良い成績を残しておらず、『コナン』や『ドラゴンボール』、『ドラえもん』も芳しくなかった。だが、『千と千尋の神隠し』の前売りは飛ぶように売れ、これまでの経験が覆された。北京の百老匯影城では2つのスクリーンで『千と千尋の神隠し』をプレミア上映したが、すべて満席。このような状況は、これまでは大作映画でしか起こらなかったことだ」と驚きの色を隠せない。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: