中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
中国で映画「存在のない子供たち」がダークホースとなった理由は?
  ·   2019-05-15  ·  ソース:人民網
タグ: 映画;興行収入;文化
印刷

実話を基にリアルに描かれた苦しみ 

「存在のない子供たち」で描かれる血縁関係のある家族の中で悲しみを経験する人がいるのと異なり、血縁関係のない者同士が家族となって一緒に楽しく暮らすという流れは、日本の枝裕和監督の作品を連想させる。「存在のない子供たち」は、レバノン版の「誰も知らない」のようで、子供が両親にほったらかしにされて育つという要素を見ることができ、さらに、「万引き家族」で描かれた兄妹が一緒に万引きするという要素も見ることができる。

血縁関係のある家族が子供に、愛や楽しみではなく、避けることのできない苦痛をもたらす。一方、血縁関係のない人と暮らすことになり、その生活から楽しさを感じる。前者は「誰も知らない」の中で両親に完全にほったらかしにされ、自分たちだけでなんとか生き延びなければならに子供たちで、後者は「万引き家族」の中で血縁関係がないにもかかわらず、一緒に生活感あふれる暮らしをする子供たちだ。そして、「存在のない子供たち」で、少年ゼインはその両方を経験する。

中東の貧しい人々や難民問題にスポットを当てた地域色が非常に色濃いこのマイナー作品が世界で人気となり、業界関係者の間でも好評を博している理由は、非常に「リアル」だからだろう。社会の底辺で暮らす人々の苦しみが実話で描かれ、見る人はやるせなさを感じると同時に、強い同情を覚える。

このようにノンフィクションであることが同作品が非常にリアルに人の心を打つ理由だ。

少年ゼインは貧しさと暴力に耐えながら一生懸命生き、その小さく細い体で、子供には似つかわしくない重圧に勇敢に耐える。それでも、残酷すぎる環境の中で、妹と黒人の弟を守ることができず、意地の悪い大家をナイフで刺すだけでは、その復讐は終わらず、「僕を産んだ罪」で両親を告訴する。

現実の世界のゼインはシリアの難民で、2012年に戦争から逃れるために家族でベイルートに逃げ、貧民窟で暮らしていた。制作チームがゼインに会った時、彼は自分の名前さえ書くことができなかった。映画のほとんどのシーンやストーリーはゼインの実話が基になっている。ゼインは中国の多くの人の心を打ち、あるネットユーザーは豆瓣に「実際にこの世にある苦しみだから、こんなに自然に伝わってくるのだろう」と書き込んでいる。

前のページへ123次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: