中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
「DESTINY鎌倉ものがたり」が14日に中国で公開 「黄泉の国」は中国がモデル
  ·   2018-09-13
タグ: 映画;鎌倉;文化
印刷

心温まる癒し系映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」が今月14日から、中国で公開される。日本版「リメンバー・ミー」(中国語タイトル:尋夢環遊記)と称される同作品に、中国でも期待が高まっている。「DESTINY 鎌倉ものがたり」と「リメンバー・ミー」はいずれもリラックスしたムードで「生と死」を描いており、心温まる内容で恐怖を感じさせることはない。人民網が報じた。

ミステリー作家の一色正和(堺雅人) と、童顔かつ小柄で性格も少々子供っぽい妻の亜紀子(高畑充希)は、鎌倉で仲睦まじい幸せな新婚生活を送っていた。しかし、ある日、亜紀子は転ばされた時、魂が抜けて霊体になり、死神によって黄泉の国に連れて行かれてしまう。正和は愛する亜紀子を取り戻すために一人黄泉の国へ向かい、さまざまな怪事件に遭遇する。

「鎌倉ものがたり」の設定は、新鮮味のある生活感を感じさせてくれ、「万物に霊が宿る」という日本人の考え方にもマッチしており、非現実的な設定とごく普通の生活がうまくマッチングしている。

12次のページへ
シェア:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

中国語辞書: