中文 | English | Français | Deutsch
 
 
ホーム 政治 経済 社会 中日交流 文化 文献 特集
ホーム >> 文化 >> 本文
  • descriptiondescription
5G通信帯域をフルカバー可能?中国人発明の「汎用チップ」
  ·   2018-04-16
タグ: 5G;通信;文化
印刷

  モバイル通信は現在、5G時代を迎えようとしている。しかし国によっては5G通信帯域が異なるため、海外では5G携帯電話が使えなくなる可能性がある。この問題をいかに解消すべきだろうか。新華社が伝えた。

電子科技大学電子科学・工学学院の博士課程に在学する張浄植氏は、国際固体素子回路会議2018(ISSCC 2018)で論文を発表し、「強整合変圧器に基づく電流向上技術」を打ち出し、一種類のチップによる複数帯域のカバーを初歩的に実現し、「世界共通」に実現性を持たせた。

従来のモバイル通信は主に3Gヘルツ以下の低帯域を使用していたが、5G通信は高帯域を中心とする。各国が5G通信に用いる帯域は現在、それぞれ異なっている。携帯電話のチップがこうした多くの帯域をカバーできなければ、海外で携帯電話を使用できなくなる。

広帯域「汎用チップ」を開発し、これらの帯域をフルカバーすることはできるだろうか。張氏が同会議で示した研究成果は、この構想を実現させている。張氏は3年間の研究を経て設計した5G「汎用チップ」のサイズは1平方ミリメートル以下で、針の断面に相当するという。(編集YF)

「人民網日本語版」2018年4月16日

5G通信帯域をフルカバー可能?中国人発明の「汎用チップ」--pekinshuho
中国人気ツアー:
リンク  

このウェブサイトの著作権は北京週報社にあります。掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


住所 中国北京市百万荘大街24号 北京週報日本語部 電 話 (8610) 68996230
  京ICP备08005356号 京公网安备110102005860号

シェア:
Facebook
Twitter
Weibo
WeChat
中国語辞書: